効果的な断熱施工を行うためには、断熱材の素材が本来持つ性能を十分に生かす施工方法が必要です。

断熱欠損を生じない乾式吹込み工法「デコスドライ工法」で施工します。

デコスドライ工法とは、柱などに通気性のあるポリエステル不織布を緩みなく張り、セルロースファイバー断熱材「デコスファイバー」をブロワの空気と一緒に壁体内へ吹込む乾式工法です。

デコスドライ工法は、綿状のセルロースファイバー断熱材を吹込むことによって、手の届かない隅部の充填も可能。また、水や接着剤などは一切使用せず、施工密度を高めることで沈降を防ぎます。

これらにより、断熱欠損の隙間から生じる熱損失や結露被害を防ぎ、セルロースファイバーの持つ断熱性能を最大限に発揮します。

施工は、デコスドライ工法施工代理店の認定資格を持った断熱施工技術者が責任施工で担います。



 


Copyright (C) Sanno Tech. All Rights Reserved.