デコスファイバーは、新聞紙をリサイクルした木質繊維系多機能セルロースファイバー断熱材

セルロースファイバー断熱材「デコスファイバー」は、原材料の約80%が新聞紙です。

 

新聞紙は、木材から木材チップになり、そこから木質繊維を分離したパルプからつくられています。

 

そのため、木と同じ性質を持っており、グラスウールなどの無機繊維系断熱材にはない多くの特長を持っています。

 

その一つに木質繊維の中にある自然がつくった小さな空気の粒があります。硬い針金のように細く均一な無機繊維に比べ、セルロースファイバー断熱材は、様々な繊維が複雑に絡み合っています。

 

この絡み合った繊維が空気の層をつくり、さらにその繊維1本1本の中にも空気胞が存在しているのです。これらの相乗効果により、一層熱を伝えにくくし、高い吸音効果を生み出します。

 

さらに、木質繊維がもつ吸放湿特性により年間を通じて適度な湿度を保つことが出来ます。

 

自然の恵みが私たちに快適な暮らしをもたらしてくれる。

 

自然の素材の持つ力を最大限に活かした断熱材・・・

それが、木質繊維系多機能セルロースファイバー断熱材「デコスファイバー」です。

⽇本の断熱材品質を語るために⽋かせない規格が、⽇本⼯業規格=JIS認証品であること。

セルロースファイバー断熱材は、「JIS A 9523吹込み用繊維質断熱材」でその要求事項が規定されています。デコスファイバーの断熱材品質は、このJIS A 9523によるさまざまな厳しい基準をすべてクリアすることで担保されています。
⼼地よい温熱環境のための第⼀歩、デコスでは安⼼と安全の証としてJIS認証品をお届けします。


Copyright (C) Sanno Tech. All Rights Reserved.